タグ別アーカイブ:(55件)

2 週間ほどお休みしてましたが、またちょっとブログ・モードになります~。 さて、最近このブログでは、クラウド・ファンディング(WEB での小口資金調達)の話をいろいろ書いてたけど、その新しさを明確にするためにも、ずっと今までの資金調達についてもちゃんと知りたいなーと思ってました。 だから、というわけではないんですが……^^; 先週土曜に「アート好きを寄付者、支援者に変える――「ファンドレイジング」の基礎」と称したイベントを開催しました。 講師としては、長年アメリカのオーケストラで資金調達の専門家として働かれて、今は日本ファンドレイジング協会理事を務められている伊藤美歩さん。 ...

今日は久々によしなしごとを書きます。前半、日記、備忘録みたいだけど一応、最後はアートとデジタル・メディアの話に強引につなげる予定(笑) 生身の舞台に、突然映像で現れた死者 きっかけは今日、たまたま、クィーンの "I want to break free" のプロモーション・ビデオを目にしたことに始まる。 歌は知っていたし、なんとなく PV も観たことあるつもりだったのだけど、フレディ・マーキュリーが間奏シーンで『牧神の午後』の牧神に扮して踊っていることは初めて知り、そしてすごく驚いた。驚いたついでに、いろいろなことを一気に思い出してぐるぐるしてしまった。 実は、"I...

今回は久しぶりにアートとソーシャル・メディアの話を書こうと思ってましたが予定変更ー ちょっと軽めのエントリ書きます。 『ハーブ&ドロシー』続編の制作資金を Kickstarter で! というのも、 友人のツイッターでこんな Kickstarter のプロジェクトを発見したんです。 HERB & DOROTHY 50X50 ちょうど1年前にこのブログでもエントリしておりますが、 アート・コレクター夫婦の物語『ハーブ&ドロシー』 映画『ハーブ&ドロシー』の監督、佐々木芽生さんが、続編を作るための資金を Kickstarter で募り始めた...

今日はまず、今年10月から始まるアーティストへの少額支援の新しいプラットフォームを見つけたので、そちらの紹介から。 展覧会を観ながら作品に「投げ銭」 その名も Art Micro-Patronage (以下、AMP) [caption id="attachment_4201" align="aligncenter" width="800"] Art Micro-Patronage[/caption] サンフランシスコ発のサービスで、10月1日にロウンチとのこと。 どんなサービスかというと、基本的には月1回、WEB 上で現代アーティストの作品による「展覧会」...

いよいよ8月も最終日です。 今月、主にクリエイター/アーティスト支援としてのクラウド・ファンディングについて、長々といくつもエントリを書いてきました。 今回は、それらをざっとまとめつつ、目次がわりに各エントリへのリンクをはっておこうと思います。 クリエイター支援クラウド・ファンディング・サービスの現状 まず、クラウド・ファンディング=WEB による少額多数による資金調達、とはなんぞや、という話。 そして、この仕組みが、今どのくらい実績を出しているのか、ということで、クリエイター/アーティスト支援のクラウド・ファンディング・サービスとしては現在一番有名であろう Kickst...

前回のエントリで、「次回は全然違うことを書く」と書きましたが、ちょっとチャレンジングな内容だったのでやはしちょっと後日に回します(笑)。 今日もちょっとクラウド・ファンディング・サービスのことを。 ここ数週間、ちょこちょこ調べてブログでまとめて改めて確信したのは、クラウド・ファンディング・サービスの決め手は「見返り購入者コミュニティ」の形成にあるということです。 Kickstarter(KS)で言うならば、支援経験者60万アカウントのうち、複数回支援をしたことがある8万アカウントのコミュニティをいかに創っていくかということ。 このエントリでも書きましたが、それこそが KS の...

前回エントリ「クラウド・ファンディングと今までの支援の決定的な違い」では、 新聞や DM 等従来の広告、お知らせでしる寄付、支援要請はスルーしてしまうのに クラウド・ファンディング・サービスだとちょっと面白いなと足をとめてしまうものもあるのは何故だろう? という疑問に対し、 クラウド・ファンディング・サービスと従来の寄付では、プロセスにおける支援する側の心理がまったく違うこと そのキーワードは、「購入プロセスによる権利意識の発生」と「ゲーム性」によって”自分ごと”になるからではないか と推測してみました。 今日はその補足というか、こんな理由もあるんじゃ...

昨日の続き 「世の中を変える広告」を皆で出稿しよう――LoudSauce.com 前回のエントリでは、社会貢献活動団体のために広告出稿代を WEB で集めるサービス LoudSauce.com を紹介したうえで、 個人的には、このサイトを見つけた時、「面白い!ちょっとやってみたい!と反射的に思ったけれども、同じ企画(社会貢献活動団体が広告出稿するための寄付)を、たとえば新聞のPR欄や DM で知っても、よほどのことがないかぎり、関心も沸かず、支援などこれっぽっちも考えなかったのでは? と書きました。 ではなぜ私は、LoudSauce.com であれば支援...

※2015 年 1 月注:このエントリで取り上げているサイトは、現在 louder という名前の別サービスになり、キャンペーン・ページもクローズされています。 昨日は「明日はアート×ITな最近のトレンドと事例を紹介するエントリにしようかと思ってますー」などと書きましたが、その後人と話してていろいろヒントをもらったので、またちょっとWEBでの資金調達=クラウド・ファンディングについてエントリします。 今回は、Kickstarter からちょっと離れ、面白いクラウド・ファンディング・サービスを紹介しつつ、なぜ今までの資金調達ではなく、クラウド・ファンディングなのか? その圧倒的な違いと...

今週はクラウド・ファンディングの話を書いていこうと思ってましたが、昨日のエントリを書いた時点でいろいろと調べたいことや読みたい本が出てきたので、ブログ書く時間はちょっとそちらに時間を割こうかなと思います。 なので、今週後半このブログのテーマに関わる報告書、まとめ等をいくつかピックアップしてみようかなーと。はい、ちょい手抜きエントリですスミマセン(汗) でも、この分野のこういったレポートはまだ貴重だったりするのと、基本的に1年以内のものをピックアップしますので、得られることは有用かと思いますー。 まずは、流れ的に?アート系組織のオンラインでの資金調達、、ということでイギリスの Art...