タグ別アーカイブ:(55件)

前回の続きです。 Kickstarter はお金を集めるだけのシステムか(前篇) 前回は、Kickstarter(KS)で創作のための資金調達ができるのはいいけど、 一回こっきり単発で調達をしてその後どうなるのか?  ずっとこれを続けていくのか?  それってクリエイター、アーティストにとってどうだろう? というような問いかけの元、KS で資金調達(絶版本の再版&iPad バージョン制作)に成功したクレイグ氏のエントリを紹介しました。 Kickstartup: Successful fundraising with Kickstarter ※し...

先々週、WEB でのクリエイター、アーティスト向け資金調達システム Kickstarter のことを4回ほどエントリしました。 Kickstarter は2年でどれだけクリエイターを助けたか クリエイターにお金が集まるプロジェクトとは WEBで数万ドル集めるアーティストたち Kickstarter 成功/失敗データからみる「新しさ」 今週は、その続きでいくつか書いていこうかと思います。 まずは「Kickstarter ってお金を集めるだけなのか?」についてです。2回に分けて書きます。 ※以下、Kickstarter は KS と略します。 資金を得られればそれで...

どもです。 今週は、デジタル・オーディエンスをキーワードにアート/エンタメ組織とソーシャル・メディアの関り方について、あれこれ書いてます。昨日のエントリで、『「つながる」だけでなく「いかにつながるか」はとても重要になる』と書きましたが、「いかにつながるか」の事例をひとつ紹介したいと思います。 と、その前にひとつ。 資金調達の専門家、ブライアン・ミラー氏はこんなことを言っています。 「人々が関心あることを邪魔するな。人々が関心あること自体になれ」 これって、何年も何十年も前からプロモーションや広告の分野では口をすっぱく言われていることですが、ソーシャル・メディアの世...

前回エントリでは「デジタル・オーディエンス」とはなんぞやというところを書いてみました。 アート/エンタメにおける「デジタル・オーディエンス」とは まあ、いろいろ書きましたが、結局のところ「みんな、ネット上でつながりたくって必死」ということなのだと思います。 難しいこと言わなくても、普通に考えてファン、もしくはファンになってくれそうな人たちとは、できるだけ多く接点があった方がよいわけです。合う回数が多い人の方が好きになってくれる可能性も高いって話もありますし(適当)。わかりやすいのは、クラシックやオペラ、バレエなどシーズンのオン・オフがはっきりしているもの(あ、スポー...

アートとソーシャル・メディア、前回はゆるく実例を書きましたが、本日は、「デジタル・オーディエンス」とはなんぞや、という話。 「デジタル・オーディエンス」って言葉聞いたことありますか? アートやエンタメ分野でいうと、昨年11月イギリスのアーツ・カウンシルが "Digital audiences - engagement with arts and culture online" という報告書を出しており、今年の2月にブリティッシュ・カウンシル主催で開催された「デジタル・クリエイティブ・カンファレンス ―テクノロジーとアート、その未来を考える―(以下、DCC)」でも言及されていたので、もし...

さて週が開けましたね。 今週は、ソーシャル・メディアとアート関連で気になることとかをエントリしていこうかなあと思います。 つっても、この話題に関しては切り口、ネタが満載すぎるので、何から話題にするか悩んだのですが、まずは固いところではなく、私が「いいなあ」と思ったウェブとソーシャル・メディアを使ったある美術館の企画を紹介しようかと思います。 ミュージアムや劇場、オーケストラ団体等等がソーシャル・メディアを活用している事例って、欧米では山ほどあるんです。バブルかってくらい皆競いあってやっている。でも、失敗例もいろいろあるし、批判もある。(そのへんも紹介したいところです)個人的には、...

さてー、今日も書きます!! 最近、書くスピード早くなってきた! すごいぞ! やっぱり文章も筋トレみたいなもんなんでしょうか。ぎゃんばる 前のエントリ WEBで数万ドル集めるアーティストたち 昨日は、ソーシャル・ファンディングにて「目標達成額以上の大成功」はしづらいと思われるアーティストだけど、めっちゃ資金を集めている例もありますよってことで、2つの事例をみてみました。 今回はまず、昨日紹介しそこねた最後の1例を紹介、その後成功プロジェクトと失敗プロジェクトの間にある差を簡単なデータを通してみることで、KS を通じた支援の「新しさ」に触れられればなと思います。 ...

昨日のつづき。 今までの Kickstarter 関連エントリ Kickstarter は2年でどれだけクリエイターを助けたか クリエイターにお金が集まるプロジェクトとは 前回は、Kickstarter のプロジェクトには、 ★何か人々の役に立つようなものユニークなものを作るための資金集めであり、それを欲しい人たちが支援者になる(そしてうまく資金調達できた暁には出来たものをゲットできる)「プレ・オーダー・タイプ」 と、 ★そうではなく、例えば自分の撮りたいムービーを撮影する資金を調達するタイプ、つまり人々の「支援したい」という心情をつく「利他主義タ...

さて、昨日に続き Kickstarter(KS)について。 昨日は、KSの概要、実績とその性質について書きましたが、今回はもうちょっと細かく、実際どういうプロジェクトが成功しているか、について書こうと思います。概要的な紹介が続きますが、お付き合いくださいまし。 カテゴリごとの資金調達実績 まずは、どんなカテゴリがより多くお金を集めているのか。 引き続き、公式による2年間のデータがこちら (1)Film: $19,717,790 (2)Music: $13,094,547 (3)Design: $3,601,851 (4)Art: $3,184,732 (5)P...

復活!最初のエントリは、WEBサービス Kickstarter について書きたいと思います。 なんでか知らないけど、ここ最近 Kickstarter を超ウォッチしてます。ちゅうても、実際に使うのではなく、その場で行われる人々の行動の傾向、そこから何がおきようとしているのか、そういうところに関心があるのですが。 初めて書くので、まずはKicstarter の概要と実際どれだけ実績があるのかというとことろを紹介したいと思います。 クラウド・ファンディングとは まず、Kickstarter(以降、KSと略します)とはなんぞや、ですが。 KS とは、クリエイター/アーテ...