タグ別アーカイブ:オーディエンス(3件)

Reach Advisorsというミュージアム等の機関向けコンサルティング・ファームがやっている”Museum Audience Insight”というブログで、面白いエントリがあったのでご紹介 Visitors? Or Audiences? Or Both? ミュージアムの「Visitor」とミュージアムの「Audience」って、同じような意味としてよく考えずに使うけど、このふたつは意味が違うよね……? という内容で、実際にこのエントリ書いている Susie がミュージアムにおける「Visitor」と「Audience」を定義してみて、みんなの意見をきいている。 ...

前々回のエントリで(「女性よ、恋人と劇場へ出かけよう!」)、 日本とアメリカの男性の芸術鑑賞頻度の違いについて書いてみましたが、 今日は、日本独特の展覧会での鑑賞スタイルについて、面白いデータがいくつかあったので紹介します。 観客動員数ランキングではこんなに強い!日本の展覧会 まず。 専門家の方以外は、結構意外に感じるかと思うんだけど、 日本の展覧会の観客動員数は、世界トップレベルなんです。 Art Newspaperというロンドンの専門紙が、毎年3月に発表している「世界展覧会観客動員数」のTOP5をここ数年分たどってみるとこんな感じ。 <2007年> ●...

ブログなぞ書いてるヒマはない! と思いながら、ちょっと面白かったのでたたたっと書きます。 読みづらいところあったらすんません。 ※ ※ ※ 日本とアメリカそれぞれで調査された「属性・ジャンル別文化の消費度」みたいな結果を眼にした。 各調査をそれぞれ別の文脈で別のタイミングで読んだので、その時はなにも思わなかったんだけど、 先日ふと、あれ、そういえば、と思って両調査を並べて見返してみると、面白い傾向が。 その調査は、学歴や収入、住んでるところや芸術のジャンル別に、どんな属性の人がどんなものをどのくらいの%で鑑賞しているか?ということを調べたものなんだけど、日米の差がくっ...