タグ別アーカイブ:クラウド・ファンディングとは(12件)

今日はまず、今年10月から始まるアーティストへの少額支援の新しいプラットフォームを見つけたので、そちらの紹介から。 展覧会を観ながら作品に「投げ銭」 その名も Art Micro-Patronage (以下、AMP) [caption id="attachment_4201" align="aligncenter" width="800"] Art Micro-Patronage[/caption] サンフランシスコ発のサービスで、10月1日にロウンチとのこと。 どんなサービスかというと、基本的には月1回、WEB 上で現代アーティストの作品による「展覧会」...

いよいよ8月も最終日です。 今月、主にクリエイター/アーティスト支援としてのクラウド・ファンディングについて、長々といくつもエントリを書いてきました。 今回は、それらをざっとまとめつつ、目次がわりに各エントリへのリンクをはっておこうと思います。 クリエイター支援クラウド・ファンディング・サービスの現状 まず、クラウド・ファンディング=WEB による少額多数による資金調達、とはなんぞや、という話。 そして、この仕組みが、今どのくらい実績を出しているのか、ということで、クリエイター/アーティスト支援のクラウド・ファンディング・サービスとしては現在一番有名であろう Kickst...

前回のエントリで、「次回は全然違うことを書く」と書きましたが、ちょっとチャレンジングな内容だったのでやはしちょっと後日に回します(笑)。 今日もちょっとクラウド・ファンディング・サービスのことを。 ここ数週間、ちょこちょこ調べてブログでまとめて改めて確信したのは、クラウド・ファンディング・サービスの決め手は「見返り購入者コミュニティ」の形成にあるということです。 Kickstarter(KS)で言うならば、支援経験者60万アカウントのうち、複数回支援をしたことがある8万アカウントのコミュニティをいかに創っていくかということ。 このエントリでも書きましたが、それこそが KS の...

前回エントリ「クラウド・ファンディングと今までの支援の決定的な違い」では、 新聞や DM 等従来の広告、お知らせでしる寄付、支援要請はスルーしてしまうのに クラウド・ファンディング・サービスだとちょっと面白いなと足をとめてしまうものもあるのは何故だろう? という疑問に対し、 クラウド・ファンディング・サービスと従来の寄付では、プロセスにおける支援する側の心理がまったく違うこと そのキーワードは、「購入プロセスによる権利意識の発生」と「ゲーム性」によって”自分ごと”になるからではないか と推測してみました。 今日はその補足というか、こんな理由もあるんじゃ...

昨日の続き 「世の中を変える広告」を皆で出稿しよう――LoudSauce.com 前回のエントリでは、社会貢献活動団体のために広告出稿代を WEB で集めるサービス LoudSauce.com を紹介したうえで、 個人的には、このサイトを見つけた時、「面白い!ちょっとやってみたい!と反射的に思ったけれども、同じ企画(社会貢献活動団体が広告出稿するための寄付)を、たとえば新聞のPR欄や DM で知っても、よほどのことがないかぎり、関心も沸かず、支援などこれっぽっちも考えなかったのでは? と書きました。 ではなぜ私は、LoudSauce.com であれば支援...

※2015 年 1 月注:このエントリで取り上げているサイトは、現在 louder という名前の別サービスになり、キャンペーン・ページもクローズされています。 昨日は「明日はアート×ITな最近のトレンドと事例を紹介するエントリにしようかと思ってますー」などと書きましたが、その後人と話してていろいろヒントをもらったので、またちょっとWEBでの資金調達=クラウド・ファンディングについてエントリします。 今回は、Kickstarter からちょっと離れ、面白いクラウド・ファンディング・サービスを紹介しつつ、なぜ今までの資金調達ではなく、クラウド・ファンディングなのか? その圧倒的な違いと...

前回の続きです。 Kickstarter はお金を集めるだけのシステムか(前篇) 前回は、Kickstarter(KS)で創作のための資金調達ができるのはいいけど、 一回こっきり単発で調達をしてその後どうなるのか?  ずっとこれを続けていくのか?  それってクリエイター、アーティストにとってどうだろう? というような問いかけの元、KS で資金調達(絶版本の再版&iPad バージョン制作)に成功したクレイグ氏のエントリを紹介しました。 Kickstartup: Successful fundraising with Kickstarter ※し...

先々週、WEB でのクリエイター、アーティスト向け資金調達システム Kickstarter のことを4回ほどエントリしました。 Kickstarter は2年でどれだけクリエイターを助けたか クリエイターにお金が集まるプロジェクトとは WEBで数万ドル集めるアーティストたち Kickstarter 成功/失敗データからみる「新しさ」 今週は、その続きでいくつか書いていこうかと思います。 まずは「Kickstarter ってお金を集めるだけなのか?」についてです。2回に分けて書きます。 ※以下、Kickstarter は KS と略します。 資金を得られればそれで...

さてー、今日も書きます!! 最近、書くスピード早くなってきた! すごいぞ! やっぱり文章も筋トレみたいなもんなんでしょうか。ぎゃんばる 前のエントリ WEBで数万ドル集めるアーティストたち 昨日は、ソーシャル・ファンディングにて「目標達成額以上の大成功」はしづらいと思われるアーティストだけど、めっちゃ資金を集めている例もありますよってことで、2つの事例をみてみました。 今回はまず、昨日紹介しそこねた最後の1例を紹介、その後成功プロジェクトと失敗プロジェクトの間にある差を簡単なデータを通してみることで、KS を通じた支援の「新しさ」に触れられればなと思います。 ...

昨日のつづき。 今までの Kickstarter 関連エントリ Kickstarter は2年でどれだけクリエイターを助けたか クリエイターにお金が集まるプロジェクトとは 前回は、Kickstarter のプロジェクトには、 ★何か人々の役に立つようなものユニークなものを作るための資金集めであり、それを欲しい人たちが支援者になる(そしてうまく資金調達できた暁には出来たものをゲットできる)「プレ・オーダー・タイプ」 と、 ★そうではなく、例えば自分の撮りたいムービーを撮影する資金を調達するタイプ、つまり人々の「支援したい」という心情をつく「利他主義タ...