タグ別アーカイブ:デジタル・オーディエンス(4件)

以前、「デジタル・オーディエンス」という概念のことをこのブログで書いたことがある。(2011 年 8 月とだいぶ昔だけど) アート/エンタメにおける「デジタル・オーディエンス」とは 詳しいことはこのブログをご参照ください、、なのだけど、簡単に言うと、 「インターネットの普及により多くの人が日常的にオンラインで活動するようになったので、アート/エンタメ関連機関も(従来の来館者や地域の人のみならず)そういった人たちともコミュニケーションをとっていかないとねー」 というような話。単に地元の対としての遠隔地そしてインターナショナル、というのではなく、「デジタル上で積極...

今週はクラウド・ファンディングの話を書いていこうと思ってましたが、昨日のエントリを書いた時点でいろいろと調べたいことや読みたい本が出てきたので、ブログ書く時間はちょっとそちらに時間を割こうかなと思います。 なので、今週後半このブログのテーマに関わる報告書、まとめ等をいくつかピックアップしてみようかなーと。はい、ちょい手抜きエントリですスミマセン(汗) でも、この分野のこういったレポートはまだ貴重だったりするのと、基本的に1年以内のものをピックアップしますので、得られることは有用かと思いますー。 まずは、流れ的に?アート系組織のオンラインでの資金調達、、ということでイギリスの Art...

前回エントリでは「デジタル・オーディエンス」とはなんぞやというところを書いてみました。 アート/エンタメにおける「デジタル・オーディエンス」とは まあ、いろいろ書きましたが、結局のところ「みんな、ネット上でつながりたくって必死」ということなのだと思います。 難しいこと言わなくても、普通に考えてファン、もしくはファンになってくれそうな人たちとは、できるだけ多く接点があった方がよいわけです。合う回数が多い人の方が好きになってくれる可能性も高いって話もありますし(適当)。わかりやすいのは、クラシックやオペラ、バレエなどシーズンのオン・オフがはっきりしているもの(あ、スポー...

アートとソーシャル・メディア、前回はゆるく実例を書きましたが、本日は、「デジタル・オーディエンス」とはなんぞや、という話。 「デジタル・オーディエンス」って言葉聞いたことありますか? アートやエンタメ分野でいうと、昨年11月イギリスのアーツ・カウンシルが "Digital audiences - engagement with arts and culture online" という報告書を出しており、今年の2月にブリティッシュ・カウンシル主催で開催された「デジタル・クリエイティブ・カンファレンス ―テクノロジーとアート、その未来を考える―(以下、DCC)」でも言及されていたので、もし...