タグ別アーカイブ:関連資料紹介(3件)

2 週間ほどお休みしてましたが、またちょっとブログ・モードになります~。 さて、最近このブログでは、クラウド・ファンディング(WEB での小口資金調達)の話をいろいろ書いてたけど、その新しさを明確にするためにも、ずっと今までの資金調達についてもちゃんと知りたいなーと思ってました。 だから、というわけではないんですが……^^; 先週土曜に「アート好きを寄付者、支援者に変える――「ファンドレイジング」の基礎」と称したイベントを開催しました。 講師としては、長年アメリカのオーケストラで資金調達の専門家として働かれて、今は日本ファンドレイジング協会理事を務められている伊藤美歩さん。 ...

前回エントリでは「デジタル・オーディエンス」とはなんぞやというところを書いてみました。 アート/エンタメにおける「デジタル・オーディエンス」とは まあ、いろいろ書きましたが、結局のところ「みんな、ネット上でつながりたくって必死」ということなのだと思います。 難しいこと言わなくても、普通に考えてファン、もしくはファンになってくれそうな人たちとは、できるだけ多く接点があった方がよいわけです。合う回数が多い人の方が好きになってくれる可能性も高いって話もありますし(適当)。わかりやすいのは、クラシックやオペラ、バレエなどシーズンのオン・オフがはっきりしているもの(あ、スポー...

アートとソーシャル・メディア、前回はゆるく実例を書きましたが、本日は、「デジタル・オーディエンス」とはなんぞや、という話。 「デジタル・オーディエンス」って言葉聞いたことありますか? アートやエンタメ分野でいうと、昨年11月イギリスのアーツ・カウンシルが "Digital audiences - engagement with arts and culture online" という報告書を出しており、今年の2月にブリティッシュ・カウンシル主催で開催された「デジタル・クリエイティブ・カンファレンス ―テクノロジーとアート、その未来を考える―(以下、DCC)」でも言及されていたので、もし...